最近被害報告が多くなってきた手法。こういったクリックジャッキングを仕掛けたサイトに注意しましょう。

キャンペーン開催中!

アダルトサイトを「いいね!」 〜 Facebookユーザーは特に注意!

根本的には、「使っていないサービスはログオフする」「アダルトサイト用に別のWEBブラウザを使う」「信頼しているサイト以外は使わない」などの対策を取るしかありません。

どういう事?

アダルトサイトで動画を再生したら、知らないうちに「いいね!」ボタンをクリックした事になり、実名登録してあるFacebookアカウントで公開されてしまった・・・。

 

Facebook

こういった、Facebook利用者にはかなり怖い被害報告が最近増えています。利用者の方ならお気づきでしょうが、この被害の恐ろしい所は「実名登録しているアカウント」で引っかかったが最後、「○○さんがエロ動画について「いいね!」と言っています」という記録が家族や友人、職場の同僚などに知れ渡ってしまうという点です。・・・しかも、動画リンクとサムネイル画像付きで。

 

普通のエロ動画でも知られたくないですが、もし見ていた動画が「過激SM動画」「ガチのトイレ盗撮」「スカ」・・・などだったら・・・。社会的にかなり最悪の事態になりかねませんね。

 

最近の例としてはこんなニュースがあります。・・・あなたは大丈夫ですか?

 

どんな手法?

このトラップは、「クリックジャッキング」と呼ばれる手法を用いたものです。Facebookのいいね!ボタンを狙ったものは、「Likeジャッキング」とも呼ばれます。クリックジャッキングでよくある手法として、WEBサイト上に「見えないボタン」を設置しておき、そのボタンの上に別のボタン画像を配置する事で、狙ったボタンをユーザーに押させるといったものが挙げられます。

 

つまり、アダルトサイト上の「動画再生ボタン」の上に「見えない「いいね!」ボタン」が設置してあり、動画を再生するつもりでクリックすると「いいね!」ボタンをクリックしてしまう事になる・・・という仕組みです。で、この手法の恐ろしいところですが・・・、「ブラウザの機能」を使っているので、「ウイルスやワームではない」という点です。つまり、「ウイルス対策ソフトが入っていても守ってくれるとは限らない」のですね。また、どのブラウザを使っていても引っかかる可能性があります。

 

対策はどうする?

ウイルス対策ソフトなどもアテにならず、ブラウザに何をつかっても引っかかる可能性がある・・・ということで、とれる対策は以下のようなものが挙げられます。

  1. Facebookなどにログインしたままサイトを見て回らない。
  2. ログインして使うサービス用と、アダルトサイト巡回用でブラウザを分ける
  3. 信頼出来るアダルトサイト以外使わない。

1ですが、Facebookやはてな、Twitterなどのログインして使うサービスは、使ったらすぐにログオフする習慣を心がける・・・ということです。面倒ではあるのですが、いいね!ボタンを押しても自分のアカウントに公開されなくなるのでマシでしょう。

 

2は、言い換えれば「アダルトサイト巡回専用に別のブラウザを使う」ということです。普段Internet Explorerを使っているのなら、アダルトサイト用にGoogle Chromeを使うようにする・・・などですね。この場合、間違ってもアダルトサイト巡回用ブラウザでFacebookなどにログインしないようにして下さい。

 

3については、当サイトも有料サイト紹介がメインですので、各種の記事をご覧いただければ幸いです。Xvideosや各種の国内アダルトブログなど、知名度や安全性が高そうなアダルトサイトは多数ありますが、無料サイトである以上何らかのリスクは避けられません。その点については「無料アダルトサイト・2つの脅威」などでもご紹介しています。

 

ユーザー数や手法的な狙いやすさからFacebookがターゲットになっていますが、はてなやTwitterなどもターゲットになりうる危険性があります。どんな対策をとっても良いのですが、とにかく被害に合わないよう注意して下さい。金銭被害よりも取り返しの付かない、現実の人間関係にダメージを負う可能性がありますので・・・。

page top