動画の画質の目安になる数値について説明しています。

キャンペーン開催中!

HD?kbps?動画の画質について。

動画サイトの作品にも色々と画質に差があります。
最近では恐ろしくキレイで、女優さんの毛穴まで見えそうな作品もありますが・・・サイトの説明を読んで、どの動画が高画質か分かりますか?一番単純な見分け方は「ファイルサイズが大きい=大画面で高画質」なのですが・・・。

 

アダルト動画サイトでは、目安としてビットレートが表記されています。「4000kbpsの高画質!」とか書いてある場合が多いです。また、最近では「HD動画」とか「ハイビジョン作品」などと表記されている作品もあります。それぞれ意味が異なりますので、知っておきましょう。

 

一番重要なのは解像度・・・HD画質ってどんなもの?

パソコンでDVDビデオを見たことがある方も多いと思います。その時、全画面表示にすると「思ったより画質が良くない・・・」と感じた事はないでしょうか。普通のテレビでDVDを見ている方は、特に強く感じるかもしれません。同じことが、動画サイトの配信作品にも起こります。

 

この現象の理由として、動画の解像度とパソコンモニタの解像度の違いが挙げられます。DVDの解像度は普通720×480です。一般的な動画サイトの配信作品では640×480か720×480がほとんどです。一方、ちょっと昔のパソコンモニタでも1024×768位、最近ではノートパソコンでも1366×768やそれ以上の解像度になっています。

 

両者を比べると、パソコンモニタの方が遥かに解像度が高いので、全画面表示にする場合は元の映像を引き伸ばす事になり、画質が悪く見えてしまいます。以上のことから、一言で言えば「解像度が高いほど高画質」ということです。

 

もう少し身近なモノで表現すると、今までの地上波アナログTVの画質を標準画質(SD画質・・・Standard Definition)といって、解像度640×480に相当します。ちなみに、地上デジが映る、最近のTVはハイビジョン画質(HD画質・・・High Definition)相当で、解像度1366×768となります。なお、更に上位のフルハイビジョン画質もあります。

 

並べると以下のような感じです。

一般的な動画・・・SD画質(640×480)
一般的なDVD・・・SD画質(720×480)
ハイビジョン作品・・・HD画質(1280×720)
地上デジ対応TV・・・HD対応液晶TV (1366×768)
フルハイビジョン・・・Full HD画質(1920×1080)

 

数字だと分かりにくいので、実際の画面で比較してみました。同じ場面を使って、違う解像度で取り込んだ画像を、フルスクリーン表示させた場合の比較になります。

640x320 1280x640

画像・・・左が640×320のSD画質相当、右が1280×720のHD画質です。

 

サムネイルの画像だと差が分かりにくいので、クリックして元サイズの画像を御覧下さい。明らかにクッキリ感が違いますよね。このように、「解像度が高く大画面な動画」の方が高画質と言えます。

 

ビットレートと画質の関係。

ビットレートは、MbpsとかKbpsと表記される場合が多いです。kbpsとは、キロビット毎秒(Bit Per Second)の略で、1秒あたりのデータ量を表す単位です。ネット回線速度など通信分野でも使われる用語ですが、動画ファイルの場合はその動画の品質を表す数字になります。要するに、ビットレートの数値が大きければデータ量が多いわけです。

 

例えば1,500kbpsであれば、1秒あたりの画像と音声を構成するデータ量が1,500kbit(キロビット)になります。配信動画とはファイル形式が異なるので単純比較は出来ませんが、DVDビデオの場合は3,000〜6,000kbps位です。ちなみに、無料アダルト動画サイトでは400kbps前後となっています。

 

有料アダルト動画サイトでは、1,500〜4,000kbps位が一般的ですね。同じ画面サイズなら、ビットレートが高いほど高品質な動画になります。また、画面サイズが大きくなるほどビットレートも高くなります。大体1,500kbpsでDVDビデオと同等と言われています。3,000kbps以上なら十分高画質と言えるでしょう。

 

嬉しい高画質化・・・でも、落とし穴もあります。

基本的には、高画質になることはとても良いことです。ただし、「高画質=ファイルサイズが巨大」という点を忘れないようにしましょう。1時間位の動画が1GB位・・・などとなりますので、あっという間にダウンロード制限に引っかかります。また、パソコンのハードディスク容量もどんどん埋まっていくでしょう。

 

また、高画質の動画を再生するためには、パソコンの性能がそれなりに求められます。ここ1〜2年のうちに購入したパソコンなら、Full HDでなければ大抵は再生できると思いますが、古いパソコンですとコマ落ちがひどくてまともに見られない可能性があります。

 

このようなこともあるので、HD動画用のサンプルがあるのなら再生テストをしてみるのがオススメです。また、低ビットレートと高ビットレートを選んでダウンロード出来るサイトならより安心ですね。

page top