銀行振込が可能なサイトもあります。海外送金で手数料がかかりますが。

キャンペーン開催中!

クレジットカード以外の支払い方法 〜 銀行振込

「銀行振込」ですから、聞かなくても分かる・・・と思われるかもしれません。しかし、無修正有料動画サイトは根拠地が海外です。そのため、海外銀行口座への送金になります。海外送金手数料がかかるため、結構予想金額よりも掛かると思います。

 

銀行振込の流れ

 

利用方法

まずは、各サイトの銀行振込用申し込みフォームから、希望するコースを選択して下さい。次に、登録内容の入力画面になります。メールアドレスやパスワード、氏名や郵便番号を入力して下さい。入力が終わったら申し込みボタンをクリックして完了です。

 

銀行振込入力フォーム

 

振込先口座などの情報はここで登録したメールアドレスに届きますので、間違わないよう注意しましょう。メールが届かない場合、サイト側からの登録メールなどが迷惑メール扱いになっていないかチェックしましょう。もし届かなかった場合は、サポートへ連絡してみましょう。

 

申し込み完了メールが届いたら、内容を確認して下さい。振込先の情報が書いてあります。あとは、銀行・郵便局に行って支払うだけですが、海外送金のため、普通にATMで振込するのとはちょっと手続きが異なります。

 

準備するもの

  • 【申し込み番号】と【ご登録メールアドレス】と【振込み先情報】

        (「振込み手続きのご案内」メール内に記載されています。)

  •  

  • 国内振り替え手数料
  •    郵便局の場合:一律2,500円
       銀行の場合:各銀行によって異なります。 (都市銀行では一般に4000〜6000円位。)

     

  • 米国銀行仲介手数料・・・受取銀行側の手数料。米国ドルで12ドル相当となります 。
  • 中間銀行経由の手数料・・・地方銀行などの場合、大手銀行を中継して送金する場合があります。その場合、経由する銀行にて別途、手数料(仲介手数料)が掛かる場合があります。
  •  

  • 購入代金
  • 身分証明書 (運転免許証や保険証など、いわゆる公的な証明書)
  • 印鑑 (必要になることもあります)

 

送金の手続き

まず、窓口に行って「海外窓口への送金をしたい」と伝えて下さい。「国際送金請求書兼告知書(口座あて送金用)」をもらえると思います。書類へ振込先の情報を記入して下さい。その際、備考欄には申し込み番号やメールアドレスを記入するように伝えられていると思いますので、忘れずに記入して下さい。振込の確認が出来ず、確認に時間がかかる場合があります。

 

送金目的は「インターネット利用料金」等で良いでしょう。また、送金依頼書内に「支払い銀行手数料(PAYING BANKS CHARGE IF ANY, ARE FOR AC OF)」の欄がある場合は、「受取人負担(PAYEE)」ではなく、「依頼人負担(APPLICANT)」にチェックして下さい。

 

あとは、送金額を支払えば完了です。郵便局(ゆうちょ銀行)だと1週間前後、大手都市銀行であれば数日で送金は完了します。入金が確認されたらメールが送信されますので、パスワードを有効化して完了です。

 

 

以上が手続きです。

 

海外送金になってしまうため、どうしても余計な手数料や時間がかかってしまいます。しかし、クレジットカードを使わない支払い方法のひとつですので、必要があれば検討してみてください。

page top